小磯 良平 美術館。 小磯良平美術館

【感想】「人形(ひと)を描く―小磯良平と西洋人形―」(小磯記念美術館、2020/2/6~4/5)レビュー

1959:• 1950:• 2000:• この間、山口、荻須、らと交友、ヨーロッパ各地をしきりに旅行し、制作より美術作品の見学に多く時間を費した。

2

神戸市立小磯記念美術館

2012:• 公式Facebook動画配信のお知らせ 公式Facebookで学芸員による展示解説動画を公開しています。

14

小磯良平

「音楽」(1974年、赤坂迎賓館蔵、赤坂迎賓館の大ホールにて展示)• また、人形から人間へと変身してしまった《腰かける婦人たち》のような作品もありました。 1993: 尾崎邑鵬• 1993:• 主な所蔵品 [ ]• 同博物館によれば良平の次女が自宅で発見し、それを同博物館へ8月8日に寄贈したものとしている。 2020:• 1991:• 案内表示が出ています。

2

【感想】「人形(ひと)を描く―小磯良平と西洋人形―」(小磯記念美術館、2020/2/6~4/5)レビュー

1964:• 6cm 可憐な踊り子がアトリエ内でたたずんでいます。 2002:• 2011:• 1957:• 「練習場の踊り子達」(1938年、蔵)• 1959: ・• 1982:• 7cm ギターに似たリュートをはじめ、小磯アトリエ内の家具や小物が一堂に会しています。

6

【小磯記念美術館の特別展が3割引】六甲ライナーセット券でお得に鑑賞

1991:• 2001:• 2019: 真神巍堂• 2002:• このコンサートでは毎月小磯良平作品を1点選び、当美術館学芸員の廣田生馬、高橋佳苗、多田羅珠希による作品の解説や歴史的背景、小磯良平にまつわる話と、音楽プロデューサー南出卓による音楽的視点から見た作品への印象や関連性をトークショー形式で行い、コンサート曲目に結び付けます。

5

絵もアトリエも魅力的!神戸市立小磯記念美術館 [美術館] All About

1958:• 1954:• 2009:• 2003:• 2013:• 2007:• 【参考】小磯記念美術館ってどんなところ?アクセスは? 小磯記念美術館は、神戸市出身で神戸で制作をつづけた洋画家の小磯良平氏が亡くなったあと、遺族によって油彩画や版画などの作品や資料類が神戸市に寄贈されたことをきっかけに、神戸の六甲アイランドに開設された美術館です。 1983:• 戦意高揚のために戦争画を書いてしまったことに心が痛む、と晩年に語っている。 イベント等 【ご来館のお客様へのお願い】• 2005:• この絵では、背後にタペストリーが掛けられる中、2体のフランス人形とバイオリンが椅子の上に置かれ、優雅な趣をかもし出しています。

15