イタリア の 校長 の メッセージ。 イタリア・ミラノの校長先生からのメッセージ「これからの時代を生きる君たちへ」レビュー

ペスト時代の教訓から学べ 休校のミラノで校長のメッセージが話題に

スーパーや薬局に駆け込むのはやめましょう。

3

イタリア新型コロナ:休校中の校長が生徒に送った手紙が秀逸!と話題

当時の様子は、まるで今のコロナ時代の私たちのよう。 スキラーチェ校長は「こんな時にこそ良い本を読んでほしい」と勧め、「集団の妄想に惑わされず、冷静に、十分な予防をしたうえで普通の生活を送ってほしい」と呼びかけた。 2s linear;-ms-transition:background. こんな未曽有の事態に、イタリアの学校はどういう対策を取ったのか。

11

イタリア ミラノの校長先生のスピーチは素晴らしい。

冒頭、校長が紹介したのは19世紀イタリアの作家アレッサンドロ・マンゾーニの小説「いいなづけ」。 でも、いくら辛くて、頭の中が真っ白になったとしても、一瞬で問題を解決してくれる方法など、なかなかあるものではない。

休校の今、皆さんに伝えたいこと イタリアの校長が話題 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

私たちの高校は、私たちのリズムと慣習に則って市民の秩序を学ぶ場所です。 趣味は旅行、読書、映画館へ行くことで、犬好き。

13

【TVや新聞で話題】コロナに負けないで!世界が感動した、イタリアの校長先生のメッセージ、待望の書籍化。『「これから」の時代を生きる君たちへ』

休校中の心構えを説いた、生徒への強いメッセージは、生徒のみならず多く人の心に響き、日本でも話題となりました。 「外国人やよそ者を危険だと思い込こむ、制御のきかない噂話やデマ、根拠のない治療、生活必需品の奪い合い、(17世紀の混乱の様子は)今朝の新聞から飛び出した言葉を読んでいるように思えてくるのです。 この校長先生のメッセージは素晴らしいですね! イタリアの文学作品は分かりませんが、非常に作品の内容と今の状況が似ているわけです。

19

イタリア ミラノの校長先生のスピーチは素晴らしい。

では、休校中の生徒は、どうすればいいのだろうか? 校長先生は、感染に気をつけた上で、「なるべく、いつも通りの生活を続けるように」と伝えた。 jp-carousel-next-button:hover span,. important;text-shadow:0 0 8px rgba 0,0,0,. 目に見えない敵によって脅かされていると感じる時には、同じ人間同士なのに、他人を脅威や潜在的な侵略者のように見たりする危険があるというのが先祖から受け継いだ本能なのです。 冷静さを保ち、集団のパニックに巻き込まれないこと。

16