みのり 監査 法人。 農協専門「みのり監査法人」は何を目指すのか

JAの監査に特化した監査法人が発足|公認会計士の転職・求人【マイナビ会計士】

農協監査士による監査制度は(昭和29年)度の農協法改正により導入され、監査論・会計学・農協制度・関連法令等の試験や実務経験を経て選任されており、企業監査を担うとは似て非なる別の制度である(なお、監査論を試験科目とする国家資格は公認会計士及び農協監査士のみである)。 これにより、Crowe Globalの提携先は東陽のみとなりました。

8

監査法人非常勤がオススメな理由+求人の探し方3選【給与明細公開】

同監査法人は全国600JAと連合会を監査できる体制として公認会計士50人を中心に農協監査士を最終的には500名体制を構築することをめざしている。 EY新日本有限責任監査法人• 早く成長したいジレンマから「難しい会計処理や複雑な監査論点に早く挑戦したい」という焦りに近い思いが生じるかもしれません。 平成2年中央新光監査法人入所後、平成19年8月新日本監査法人(現新日本有限責任監査法人)に移籍。

6

農協専門のみのり監査法人は誰のため?

各種情報を入力し、完了。

6

監査法人非常勤がオススメな理由+求人の探し方3選【給与明細公開】

さらにインチャージと呼ばれる現場の責任者も若手の頃から経験できることがあり、リーダーシップ力やマネジメント力、クライアントとのコミュニケーション力がいち早く身につけられる機会もあります。 一方、中小監査法人の場合でも上場企業クライアントは数多くあります。 大企業だけに決算書には何千億円、何兆円という数字が並んでいて、新人の頃ですと会社のイメージがつかみにくいこともあります。

14

みのり監査法人

一方で設立時社員19名の人員構成は以下の通りとなっており、大半が大手監査法人出身であった。 監査実務を担うのは、全国に約500人いる農協監査士。

16

みのり監査法人

その相乗効果により、農協・連合会の事業に精通した高品質な監査業務の提供を目指すとしている。 中小監査法人とは 大手監査法人以外の監査法人は中小監査法人のカテゴリーとして見られます。 (平成24年)度時点において全国で554名の農協監査士が同機構に所属し、監査実施JA数708団体、監査実施連合会数61団体にのぼっている。

5