出入国 緩和。 法務省:新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否等について

世界各国からの入国緩和へ 10月初めにも中長期滞在者対象に1000人程度

(注1)空港での新型コロナウイルス感染症の検査(入国拒否対象国・地域からの渡航者)、14日間の公共交通機関不使用および自宅等(検疫所長が指定する場所)待機• 5月の時点で、中国は条件付きで入国制限の緩和を日本に打診していました。 現状は日本人が帰国した場合も、一定の条件を満たした1週間以内の短期出張者を除けば自宅や宿泊施設で2週間の待機を求めています。 コロッセオやピサの斜塔などの世界的な観光名所や、世界屈指の観光地ベネチアもすでに再開している。

20

中国・入国制限に緩和の兆し「陰性」条件に:中韓「ファスト・トラック」による入国も開始(2020年5月)

出入国者が増えるにつれ、PCR検査の態勢を強化することが課題になる。 )一部のIP電話からは、03-5363-3013 (海外におけるビザ申請に関する相談) 外務省 南部アジア部 南東アジア第一課(タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス及びミャンマー) 電話:03-3580-3311(内線5548) 外務省 南部アジア部 南東アジア第二課(シンガポール、マレーシア及びブルネイ) 電話:03-3580-3311(内線5845) 外務省 アジア大洋州局 中国・モンゴル第一課(中国、台湾) 電話:03-3580-3311(内線3915、3902) 外務省 アジア大洋州局 北東アジア第一課(韓国) 電話:03-3580-3311(内線4612)• (シンガポール政府の措置として、隔離場所は今後変更になる可能性があります)シンガポール政府の措置により、現在、羽田空港、成田空港、関西空港を発着する便以外を利用される方は、ビジネストラックを利用することができません。

7

【コロナ:世界の動き】日本政府、出入国の規制緩和策「出張帰国時の待機免除へ」。韓国とのビジネス往来再開、NY一部で再び限定的ロックダウン

帰国後14日間のLINEアプリを通じた健康フォローアップ• ( 古川悠紀=ふるかわ・ゆうき 文筆家。

7

新型コロナ:出入国制限の緩和で政府が追加検討中の特別措置について

政府は出入国緩和の第1弾の交渉国を、ベトナム、タイ、豪州、ニュージーランドと位置づけ、6月より交渉をスタートさせている。

国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について|外務省

(9月18日(開始済み))• カナダ:ニュージーランドの週休3日案をカナダでも検証 ニュージーランドのアーダーン首相は先日、週休3日制を導入することで国内の観光市場を再び活性化させることができると したが、カナダ人にもこの考えが受け入れられているという。 政府関係者は「選手のために、速やかにできるよう関係省庁と調整したい」と話し、同会議が12月上旬に取りまとめる中間報告より前倒しして緩和措置を目指す考えを示した。 【参照ニュース】 【関連ニュース】 【関連ニュース】 【関連ホームページ】. 中でも日本選手が帰国した際の緩和措置について政府は12月上旬の中間報告より前に制度開始を目指したい考えを示した。

10

出入国緩和大丈夫?すでに“ザル”水際対策など懸念

一方、第1弾のうち、豪州、ニュージーランドは両国間などの緩和を優先する意向という。 。 経済がグローバル化する中、異例の状態である。

【10月〜11月】日本政府の渡航制限緩和に関する動向まとめ:五輪に向け、インバウンドの隔離免除を検討 ほか

国土交通省 航空局 危機管理室 電話:03-5253-8700. 日本国内での新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大を受け、日本と中国の間では入国制限が続いています。 19日には県をまたぐ移動の制限が解除され、ナイトクラブやライブハウスの休業要請も終わる。

14