カメ 止め リモート。 「完全リモート」で制作決定!短編映画『カメラを止めるな!リモート大作戦』

動画無料配信『カメラを止めるな!リモート大作戦!』短編映画制作に全世界300人が参加

1億円の目標金額を大きく超え、同基金には2億3000万円もの支援が集まっている(5月5日時点)。 ハリウッド [11月30日 7:58]• そんな人達にも『こんな状況でも知恵と工夫次第でものづくり出来るかも!』と前を向いてもらいたい。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外出自粛が余儀なくされている中、上田監督の「明るいエンタメを届けたい」「こんな状況でも作品や仕事が作れることを示したい」という思いから、本企画がスタートした。

4

前代未聞のリモート新作をつくった『カメ止め』監督を直撃

18日間で制作、完全リモート、全世界から300人以上が参加するなど異例づくしの、まさに「いま」しか創れない本作。 現在30歳の幼馴染ながらも、実はオンライン以外で会ったことがないという4人の男たちが、リモート画面の中で「ごっこ」に興じていくさまが描かれていきます。

15

「カメラを止めるな!」最新作は全てリモートで制作、上田慎一郎監督を直撃

新型コロナウイルスの感染拡大で、リモートワーク、テレワークという言葉が多く聞かれる中、サブタイトル通りにスタッフ、出演者が1度も会うことなく製作に挑むという。 カメ止め公開初期の頃を。 上田監督は、「1カ月前『今、自分にできることはなんだろう? この作品を創ったんだと思います。

10

カメ止め続編リモ止め、29時間半で10万再生突破

「-リモート大作戦!」には「カメ止め」の俳優陣が再集結し、上田監督がビデオ通話の画面や俳優がスマートフォンで自撮りを行った画像を受け取って編集を行い、約26分の短編映画を完成させた。

カメ止め「リモート大作戦!」から考える、不要不急の産業が今できること(徳力基彦)

ビデオ通話の画面や、キャストがスマートフォンで自撮りで撮影した映像を、上田監督が受け取って編集を行う。 ドラマ [12月4日 18:31]• 4月3日に着想し、翌日には企画書や物語の筋がおおむねできました。 取りあえず、何も考えずにただただ笑ってくれたらと思います」とコメントを寄せた。

6

『カメ止め』“リモート”新作でキャスト再集結「前を向いてもらいたい」

日本で公開される映画は、年間で1300本近くあり、そのうちの約1000本がミニシアターで上映されています。 『いまだったら言える気がする』 (ROBOT CONTENT LAB) こちらのキャストも中井貴一(小説家)と二階堂ふみ(女優)、BiSH アイナ・ジ・エンド(小説家の娘)と実に豪華で、お三方とも行定監督の趣旨に賛同してのボランティア出演とのことです。

13

カメ止めリモート(リモ止め)最後の真魚の涙は本当か演技どっち?セリフが本心みたい|さぶ録.com

最後にセリフを引用させていただいて終わりにしようと思います。

『カメ止め』続編、『リモ止め』短編動画が10万再生突破!これぞリモートならでは、との声が続々。

[PR] 本作の舞台は、新型ウイルスの感染拡大で外出自粛を余儀なくされている日本。 一から勉強をし直す必要がありました。 リモート大作戦! 2018年に異例の大ヒットを記録した映画『』の監督とキャストが再集結し、短編映画『カメラを止めるな! リモート大作戦!』が緊急制作されることが決定した。

13

『カメ止め』上田慎一郎監督&キャストが再集結!完全リモートで制作する『カメラを止めるな!リモート大作戦!』がYouTubeで公開決定

裁判、LGBTや在日コリアンといったマイノリティ、貧困問題などに関心あります。 しかし、そこに突然奇妙な人物が次々と乱入し……。

9